2016-09-21

去年マリエンバードで」観る、ファウスト」読む、キャラだけがある世界、他




去年マリエンバードで」観る、ファウスト」読む、キャラだけがある世界、他



去年マリエンバードで:

ネットで色々調べるが、
これほど、あらすじ内容が違うのも珍しい。
ホントに、皆、同じ映画観てますか!?

しかしこれが、こそが私の理想。
観た人の観たいモノに成る。


天井の装飾、どこまでもフラクタルに続く。
鏡に映る装飾、絵に描かれた庭、扉のレリーフになってる庭の形、そして庭、
トランプの柄、ゲームに使う棒と、リンクしてゆく。
演劇の背景の庭、絵の庭、庭(映画の中の)、~を観てる人の連鎖が私にたどり着く。

演劇が始まっている。
演劇の中で、男が女をどこかへ連れて行こうとしている。

ここでいきなりラストに飛んでみる。
ロビーで、男と妻らしき女が、同じ様なシーンで幕を閉じようとしている。
この時のナレーションと、最初の演劇のナレーションの内容が重なる。
夫らしき男は、演劇を観ている。
最後まで観ると、2人追う事が出来ないとナレーション。
そして、夫らしき男は、2人の背中を。

始まりに戻る。
演劇を、夫らしき男は観ている、が、講演後は映ってない、
だが、妻らしき女がそこにいる。
物語はそうして始まる。

無数にある平行世界と世界をつなぐ「キー」の多重のレイヤー。

夫らしき男」がゲームを二種類する。
1、3、5、7と棒を置き、抜いていく。
もう一つは、ポーカー。
見えているのは、自分の手持ちカードだけ。
夫らしき男」はどちらも必ず勝つ。
権力、支配力。
夫らしき男」は、父親や愛人かもしれない。

全ては、いずれ、立像や庭園の様に動かない過去に成る。」と、ナレーション。
中盤、男と妻らしき女は、男女の立像彫刻を観ながら、その状況を言いあう。
その後、夫らしき男が「実は、この男女は、、、」と真実を言う。
だが、それが事実だと言う証拠はない。

過去の(死んだ)モノの真実は無い。
観た人の観たいモノに成る。

この映画は、過去に成らないためにループし、物語を生産し続ける。
死なない映画。

あれ?、どっちにしろ、
観た人の観たいモノに成る。
ポーカーのプレイヤーと同じ。

>

今の私の感想:
あのループ空間の屋敷こそ「生」であり、
そこから女をつれて行こうとする男が「死(神)」である。
ロマンチックな見方をすると、死神が恋をした話。


この映画は、ずっと(20年以上)観たかったが、観る機会が無かった。
レンタルも無いし、中古も異常に高いし。

ところが、最近ブルーレイで発売され(て)た!
はい、Amazon。

一番好きなのは、羅生門だけど、気分によってマリエンバード。
ブルーレイ裏表紙に「羅生門」をモチーフにしたと書いてある。

この世界から抜け出せるのは死ぬときだけ。
そんな映画。


ファウスト(第一部)(第二部):

ファウストの最後、「時よ止まれ、お前は本当に美しい」って、死にたくない」ってコトか。


(第一部)ファウストは悪魔と契約、
「時よ止まれ、お前は本当に美しい」と言ったら地獄に行くことに。
これは、「人生に満足した」らってコト。
(第二部)ついに、言ってしまう。
メフィストによって、魂が地獄に行こうとする、
その時、天使に救われる。

だが、だが、
ファウストは厳密には言ってない。
「(将来)○○に成ったら、こう呼ぼう」って話で、実際はそう成ってない。
死んだ魂の近くにメフィスト(悪魔)が居たから、
そういう流れに成ってるが、完全に自然死。
ただ、「そうだけど、言った事は、言ったよね!」って言われれば、言った。
今なら、裁判だ!

未来は、こう成ってほしい、そして、もし、そう成ったら、満足するだろう、、って話だから、
「まだ、死にたくない!」に、成る。

この場面、ファウストは目が見えなく成ってて、作業の音だけが聞こえる。
この事業をやり遂げるためなら「何してもかまわん!」みたいな事言ってる。
最後まで「やなヤツ」なんだけど、これ本当は悪魔が「墓穴」掘ってる音。
巧すぎる。

ゲーテは死ぬ時「もっと光を!」って言ったぐらいだから。
ホントは「格子戸を開けて」と続くらしいが、意味的に変らない。

メフィスト(悪魔)は言う、
死ぬまで、求めつづけた、追いつづけた、結局最後まで、何も握る事は出来なかった。
しかし、天使はココ(常に努力しつづけたコト)を評価し、魂の救済をする。
これ、好き。

作品性より、作家性を重要視する、日本人に受け入れやすい。
私は、行為(絵を描く)をしつづける事をアートだと考えている。
生き仏(座禅をしつづける)も、そうかな。
危険なのは、何でもアートに成る、日常でさえも。

ちなみに、私が読んだファウストは池内紀(訳)。
これも、去年マリエンバードで」と同じく、読んだ翻訳(本)によって解釈がバラバラのようだ。
例えば、「、、時よ、とどまれ、おまえはじつに美しい、、」池内紀(訳)の「お前」とは何か!?の感じ方とか、
文そのものの意味もそう。

Werde ich zum Augenblicke sagen: Verweile doch, du bist so schoen! 
To that moment [that is, when he sees free men on free soil] I might say ― Stay, thou art so beautiful!

追記:
手塚治虫は「ファウスト」を21歳で描いてる。
ファウストの1部と2部をまとめてる!これは天才だって素直に思う。
「百物語」42歳、
ファウストが完全に日本の風土に置き換えられてる。凄すぎる。
さらに、メフィストが女性で、最終的に相思相愛に。
魂の救い方に、(恋)愛が関係して来る。

この本の解説で、ファウストがドイツ語の普通名詞だと「げんこつ」だと知る。
手塚治虫の20代と40代のコマ割りの変り方とか、マンガの歴史。

ネオ・ファウスト(未完、絶筆)、
「百物語」と同じでメフィストが女性。
1970年代の日本、内容は、原作の第一部がほぼ終了。で、
ここまで、取り上げなかった「ホムンクルス」を取り上げている。
これ、ホントに続き読みたい、、原作だって2部から面白く成る、、残念。

原作でも、唐突にでてくるからな「フラスコに入ったホムンクルス」。
人造人間の最初の記述(という記事を観たけど、探せなかった)。
なぜこの話を、ぶち込んで来たんだろう。
進化と文化。

「世界一美しい人へ」と描かれた黄金のリンゴは誰の手に、、、というギリシャ神話があるが、
パリスが「美女(アプロディーテ)、権力(ヘラ)、勝利(アテナ)」の中から美女を選び、
トロイヤ(トロイの木馬事件)戦争に成る。
この話が、ファウスト(全体的)に反映されている、第二部はヘレナ(美女)探しに行くし。
「百物語」、「ネオ・ファウスト」は、ファウストの満足(欲望)を三つの願いに変更している。
巧い!。

ちなみに、ゲーテが最後に恋(17歳の女性)をした場所はマリエンバードである。

201609現在

45歳を超えた辺りから、間違いなく別のステージに強制移動する。
死」の捉え方の問題と、その美意識。
キリスト教圏は魂の救済だから、なんか微妙にズレがあるか、魂は不滅。
ゆえに肉体の復活(最後の審判)で再生(天国)か。
日本だと輪廻に戻る感じ。

知人観てると、自分中心の思考だったのに、
子供(家族)が中心に成ったために、作風の変化が余儀無く。
とかもある。



ただ、キャラだけがある世界:

20年前(2000年頃)、マンガとアニメはアートでは無かったが。
私たちの世代は、マンガこそ芸術だ!と考え始めていた。
だからこそ、アートの素材やネタとして、取り込む事が出来た。
今や、美術館でマンガとアニメは認知され、クールジャパンの先頭に立つ。
美術館で展示されたモノがアートに成るなら、マンガとアニメはアートだ。

マンガとアニメが展示される。
何を観に行ってるのか。
マンガとアニメの中での巧さ、表現力の伝承と進化。
ストーリーや世界観の伝承と進化。
一枚の絵としてみた時、それは、全て断片だ。

主人公の絵がある。
それだけでは、成り立たない、ストーリーや世界観がある。
当然、それは知っていなければ成らない。
日本人は知っている。
海外の人は、勉強しなくてはいけない。
これは、日本にとっての現代アートと同じ。

キャラが自立特化し、ストーリーや世界観のないキャラも生まれる。
ただ、キャラだけがある。

絵(キャラ)の巧さ(キレイ、カワイイ、カッコイイ)は純度を増して行くが、
画面密度が薄く成り、美しさ」の喪失(出版物(量産)の可能性もあるか、浮世絵あるし)。

キャラが無くならないだけで、美術の流れとと同じだ。
この後、風景や人物を視点の変化、解像度の変化などで、色彩や構造に移るなら、
西洋美術と違う流れで、同じ場所に行くのか。


鑑賞者の中に、キャラに特化した絵に満足できない(飽きる)人が出て来る。
一枚絵の意味が再発見される。
切り取って、どう自立させるか。
それでも、キャラを保ち続けるか、、、、。


マンガとアニメ」と真逆の絵が補色関係として必要に成って来る。
マンガ家が、アートをディスればディスるほど強く成る(20年前までは立場逆)。
そこにしか、(絵に関して、だけど)日本にアートの必要性を感じない。

年を重ねると、(流行の)マンガやアニメでは、昇華できない「何か」が溜まって来る。
その層が、流れてくる可能性はある。
目も悪く成るし、集中力も無く成るし、、、。
手の中で鑑賞できるモノ、、、分かるなぁ。


梅ラボ観に行った。
自分の立ち位置の不在。モニターで見る作品、モニターに映るツイッターに切り取られた作品画像。梅ラボの作品と自分とのちょうどいい距離。もの凄くやだけど、ジェネレーションギャップがあるかもしれない。私の上の世代にある「鉄」の様な。梅ラボ(達)は、境界(現実とデジタル)が曖昧。私は、距離は近いが別物。マトリックスの世界観は理解できる。が、何かそれ以上(以外)の繋がり方をしてる。幻覚を観た。風景がピクセル単位で崩れ、風に流された。たぶん、あの展示の影響だ。その時、風景を「一枚の写真(画像)」の様にとらえた気がした。甲殻機動隊(ネットにダイブ)や電脳コイル(ポケモンGO)的でもない。なんだ!?風景の捉え方の変化か?やばいな、チャンネル空けられたかな?そう言えば、キュンチョメさんも風景を画像処理する作品作ってたな。風景、モニターの風景、そこに電脳コイル(ポケモンGO)。普通に風景観てても+2レイヤー。妖怪(幽霊)足したら+3レイヤー。40歳で普通に風景観れた時、感動しすぎて、そこで完結させてしまった。レイヤー足せたのか!これは、面白い。


君の名は」観る:
普通に面白かった。女子好きだろうな、「運命」大好きだもんな女子。コレ観て、はっきり思ったのは、アニメ(とマンガ)鑑賞が限界に来ている。年を重ねすぎた。日本人が作るジジ専アニメ観たい。手塚治虫って凄いな。パプリカとか、マインドゲームとかあるのか。
ああ、そう言う作品作れば良いのか高齢化社会。


去年マリエンバードで(短):

どこまでもフラクタルに続く、天井の装飾。
鏡に映る装飾、絵に描かれた庭、扉のレリーフになってる庭の形、そして庭、
トランプの柄、ゲームに使う棒と、リンクしてゆく。
演劇の背景の庭、絵の庭、庭(映画の中の)、~を観てる人の連鎖が私にたどり着く。

全ては、いずれ、立像や庭園の様に動かない過去に成る。」と、ナレーション。
中盤、男と妻らしき女は、男女の立像彫刻を観ながら、その状況を言いあう。
その後、夫らしき男が「実は、この男女は、、、」と真実(嘘かもしれない)を言う。

過去の(動かない)モノの真実は無い。
観た人の観たいモノに成る。

映画が、過去に成らないためにループし、物語を生産し続ける。
観た人の観たいモノに成る。

無数にある平行世界と世界をつなぐ「キー」の多重のレイヤー。
この世界から抜け出せるキーとは何か。


これらが、今から、これからの行為の基盤になる。




2016-08-23

写楽の線(2):


写楽の線(2):

写楽の線はどういう線なのか、
写楽の線ほど、凄いモノは無いのだが、
一本一本で観た時は、何か足りない。
それゆえ、ゲシュタルトの影響で近くにある線(や色)を引っぱりこむ。
すると当然その空間は歪み運動を続ける。
その運動の連鎖が画面全体に広がり、
私には、写楽のポートレートが立体に見える。

顔の輪郭は黒では無く灰色。
黒は、目、眉、髪で、上部が重く成るから、服の柄で黒を使い、散らす。
鼻が凄い、顔は下から見上げてるのに、鼻は上から。とか、
その鼻筋のラインはどこを描いたの?とか、
この仕様は、鼻のラインだけではない。

もう、究極なんだけど、
描いてないのに、線が見える、とかかな。
まあ、ゲシュタルトだけど。

大きな壁に、小さな作品一点でも、間が持つのを、
情報重力が大きいと考える。
多くの作品を展示する場合は互いの情報重力バランスを考える。
全ての情報には重力がある。
そして、それは立体的に広がり、
線にも色にもある。

なぜ、この話が出て来るかと言えば、
写楽の絵を観ていた時、
情報にも重力があると感じ、
なぜ立体に見えるのか分かった気がしたから。


その辺の事を考えながら描いたのが、2010に描いた下記のシリーズ。
今はそれを、ペインティングに応用している。












このシリーズは2010に、ZENSHIにて個展をした時に、大量に展示。
個展なのに、多く友人の作品がある。と言う、関係性がらみの展示。


展覧会中の記録: http://kaoruarima.blog.so-net.ne.jp/



線について」と、顔ばかり描くのは繋がっている



線について」と、顔ばかり描くのは繋がっている:

手のひらを合わせると線が生まれる。
離せば消える。
この線を約束と考えた。
くっついている。
離れたくない。
ぬくもり。
寂しさ(愛という信仰を強化)という機能が生み出した技術。

「空集の音の間に線は生まれ約束に成る」に、いたる。

のちに、
「約束は景に入り太極を持って風を待つ」の、
文章が加わり、新たな感性、考え方を得る。

その結果、
手のひらを合わせると線が生まれる。
離せば消える」のではなく、広がっている。」と考えるようになる。
すると、
人は線に包まれている、コトに成る。
個がキワマリ、他者性が生まれた。
宇宙と星の関係。


顔には、目、耳、鼻、口」の7つの穴がある。
顔の中にある空間(モノ)。
五感で外部空間と繋がる空間(モノ)。
かろうじてある、輪郭(肉体や個性)。



星座の様なの関係性。
無限にある視点と繋がり。

ドローイングもペインティングも
線が持っている約束で、広がり繋がっている。



空集の音の間に線は生まれ約束に成る
約束は景に入り太極を持って風を待つ

これは心の仕事なり


うちはうち
そとはそと
のんじゃった







でもこれは、うつくしさや、アートとは関係ない。
あくまでも、私個人のテーマでしかない。
生きて行くための。


うのなとなのまにまに
せもしもしらずいのまふるふる






これに「何か」が必要。
でなければ、作品に成らない。



今年(2016)の春に、キャンバスのスタイルが確立し始める。
キャンバス制作5年目。
決め打ち」の発動条件がそろった。
伝えたいコト、画風(制作スタイル)が明確に成り、恋人つなぎに成った。
後は、「つも」と「場の流れ」しだい。
そんなわけで、ここに記す。

わら半紙のドローイングを、最近また描きだしたが、
こっちは、もう、趣味でいい。



ちなみに、

画面の上下を空けてあるのは、一本の線が全てをつなげているイメージ。
もしくは、大きな何かに包まれている。


今年の1月、美術手帳(古本)の2001年12月号を200円で買った。
その中の村上さんと奈良さんの対談があり、その中で、
奈良さんの作品はアートじゃない」って言ってる。
え!?マジ!?
あれが、違ったら、俺もうムリっす。

そう言えば、私の個展の時の文章に「独自の解釈により、、」て紹介されてたな。
海外の紹介の何かも、そんな感じだった。

もう、覚悟決めよう。
俺にアートは分からん。
ただ、理解しようと努力しよう。
日本人も、日本(文化)好きな人は嫌いにならない。


キレイ:バランス。整理整頓。
魅力的:ずらし、くずし。それらが元に戻ろうと欲望をかき立てる。
美しい:調和。それの中にある時、「ぼー」(忘我)としてしまう。我に返った時、それを起こしたモノを「美しい」と思う。
主観:キレイ<魅力的<美しい



木を観る、森を見る、輪廻。
部分と全体のループ。



平行宇宙に住んでいる。
でも、皆遭難です。

だから、約束が必要。

観る:めめめのくらげ(2013):20世紀ノスタルジア(1997):他、


めめめのくらげ(2013):20世紀ノスタルジア(1997):他、観る。


めめめのくらげ(2013):
キャラが、フレンドって名前で、オトナにも見える。
キャラの栄養が、子供の恐怖、不安、怒り(だったかな?)、絶対に裏切らない友達。
だから、ホントの友達がいらない。

最初、子供達は、フレンド(恐怖、不安、怒り)をオトナに隠してる。
でも、最後に、より大きな不安や恐怖に、「みんな」で立ち向かって行く。
そして、すべてのフレンドと共に、敵が消滅。
でも実は、、、、(まあ、不安や恐怖は無くならないから、、)。
泣く人がいるのは、分かる。

あと、カルト教団のあり方がいい。
実は、彼らが言ってる事が「本当」なんです。
これ、柏がホットスポットに成った時、
あるお母さんが、本当の事言ってるのに、カルト扱いされたコト思い出す。

レイヤーの一つ一つは、練り込んであって面白い。
キャラの栄養が「子供の、、」なので、
設定的に「3」にその「別れ」が来ると思うが、これ観てみたい。って、
思うくらいの映画。

が、
それらを吹っ飛ばすくらい、
雑音?レイヤー?が多すぎる。
こんなにギャップのある映画は見た事無い。

これが、映画製作2、3本目だったら、、、て考えると、
めめめのくらげ2、3の期待は大きい。


好きな所、
CG(キャラ)と実写の融合、違和感無い、コレ凄い。
キャスティング。
ベースのストーリー。

子供と、キャラの出てる、教室のシーンとか、ワクワクした。
終盤のキャラ同士の対決とか、普通にカッコいい。


気になった、
意味不明なセリフ、場面あり過ぎ。
レイヤー(ネタ)あり過ぎ。
研究所のシーン酷い。
キャスティングが良いから、一応観てられるけど。


あのキャラをカワイイと思えるかで、評価が激変する。
カワイイと、思えれば、多少ストーリーの流れに難があったとしても、楽しく観れる。
カワイイと思えなければ、意味不明な、映像、セリフに引っかかり、前に進めない。

例えば、
主人公のキャラがカンフーを使う。
二人が出会って、すぐ裏山の神社で、カンフーごっこで遊ぶ。
次の日(?)学校で、キャラ同士の対決で、カンフー使って戦う。
????。
え!?あれで、カンフー使える様に成るの!?
嘘でしょ!?
もしかして、最初から知ってた!?
と、思ってたら、研究所のシーンで、暗がりにカンフー映画のDVDが、映ったりする。
あ、そうなんだね、やっぱり。
だとしても、良く分からないんだけど、、、

もぐらの家」(施設)の看板が、さらっと映るだけとか。
結構重要なシーンを1、2秒。それも流しで撮影。
といった、シーンを見逃してしまい、さらに、進めない。

イジメのリーダーが、父親から暴力を日常的に受けている。
でも、これ、DVDの解説観て分かった。
その子、イジメがばれて、父親に2回殴られる。
このシーンだけでは、無理でしょ。
だって、ここ、普通に、たたく人いるでしょ。
暴力を振るう理由もあるし。

終盤、研究所が破壊されて、崩壊しかかってる場所に、
少年一人残して、プログラム組め、とか、いや、2次災害が、、、とか、
主人公が女の子助けに行くとき、キャラが変形して、一緒に飛んで行くんだけど、
キャラだけで、よくね?もし、主人公が必要なら、キャラ無しで、女子に飛びつくシーンがあって、
それを、フォローする形で、キャラが変形するよね、とか。

数え上げたらきりがないほど。
キルビルで、主人公がカタナ持って飛行機乗ってるのは、笑えるんだけど。
そういうのと、違う。


絵画を制作するみたいに、映画を作った。

完成された、絵があって、そこまでのつじつまは、どうでもいい。

映画は、話が流れるから、うまくネタをつないで行かなくては行けない。
映像とキャンバスの目の動きの違い。
実写に色が足りないとき、周囲との関係性が自然な物を置く必要がある。

2、3の出来次第で、1の見方が、好意的になるかもしれない。


20世紀ノスタルジア(1997):
ダメな人は、最初のミュージカルで、観るのやめるだろう。
そこを、こらえる、もしくは、早送りする。

よく言われるのが、普通のアイドル映画ではない。」ってこと。
ヒロインではあるが、彼女は主人公ではない。

夏休み、
彼女は橋の上で、「電波系の少年」に声をかけられる。
当時、そんな言葉は無い、イタい」も無い。
少年が「私は宇宙人だ、、、、」みたいな事を言い出す。

で、地球の色んなモノを星に報告するという。
彼女は、それを手伝う。
端から見ると「デート」。

夏休みの終わり、彼は急に海外(父の所)に行く事にする。
そして、二学期が始まる。

映画は、ここから始まる。
事故で、夏休みに撮りためていた映像が校内に流れる。
色々あって、映像をつないで一本の映画にする事になる。

映画の中で、映画を作る話し。

彼女は、彼の撮影した映像(ビデオカメラ)を観ながら、
夏休み、彼と行った場所をまわる。
ビデオカメラに映る風景、そこに立ち、彼を思う。

編集の終わりが近づいて来た時に、彼女は気づく。
彼は、本気っだったのか!

映像に頻繁に出て来る言葉、
眠らない都市、ニューロンばちばち、このままでは、地球滅亡。
全部、彼自身の事だった。

このままでは、映画が終われない。
そこで、滅亡は回避された。」と言うメッセージの映像を撮影する。
できあがった映像を彼にも、送る。
そして、彼は彼女のもとへ。

そう、彼女は、主人公では無く、主人公にとっての希望、
まさに、「アイドル」に成る。
そして、主人公とは、大げさに言えば、人類。

こんな、本当の意味でのアイドル映画観た事無い。


この映画は、好きなシーンが凄くある。
なので、時々観たくなる。

工事現場の電源から、電源をとる、コンセントが映る。
コンセントが抜ける、砂嵐(画面)、コンセント映る、抜ける、砂嵐、、、。
このシーン目頭熱くなる。

朝日の空に、二人で文字を書くシーンとかも好き。



夏休み(ブレイク前)と二学期(ブレイク後)で、金の掛け方が全然違うのが面白い。
夏休みのシーンなんて、シャツにガムテープで背番号貼ってあるレベルで、自主制作感バリバリなのに、
二学期からの映像、髪型から衣装まで、オシャレ。
この、ギャップがいい感じ。


あと、声の演技が下手すぎる感じは、しますが、始めに戻ると、これ、
高校生の自主制作映画という形をとっているので、「あり」というか、わざとだと思う。
普段のシーンは問題ないので。
なので、ミュージカルのシーンも「あり」になる。
女子の初恋の感じにも、あっている。
観てるのは、正直キツいが。


後、大切なのは、家庭環境。
彼女の家は親が離婚している(当時はまだ、珍しい)。
彼の家は、離婚はしてないが、父親が海外。
二人は、両親の間を行ったり来たり。
戻るべき場所が、ひとつではない。

あの、おかしな彼に惹かれる理由。


今では、分かりにくいけど、
ノストラダムス、
1999年7月で、人類終わります。
黙示録来ます、感って凄かった、なぁ。


エル・スール(ビクトル・エリセ監督):
ローソクの炎、うつくしい、ミツバチのささやき」よりも好き。
字幕が邪魔だ、こういう映画こそ、吹き替えてほしい。

叫びとささやき(イングマール・ベルイマン監督):
何コレ、凄い。
何だこの映像。
すべてのシーンをスチールにして売れる。
野いちご」は、この監督だったのか。


アンダーグラウンド(エミール・クストリッツァ監督):
ユーゴスラビアの話。ググって勉強。
黒猫白猫」も観る、この監督の作品、じわじわ来る。
アンダーグラウンドまた、観たくなって来た。
オープニングの音楽がずっと頭の中で鳴っている。


山椒大夫」、西鶴一代女」、歌麿をめぐる五人の女」、
祇園の姉妹」、祇園囃子」、赤線地帯」(溝口健二監督):
戦前の溝口健二は徹底的に「女は男に従属する生き方をする」。
男次第で、幸不幸がシーソーの様に変る。
そう言う時代だったし、それを信じていた。
戦後、価値観が逆転して、歌麿をめぐる五人の女」では、
その迷いが出てる、と、特典映像で言ってたな。
当時の祇園の様子とか、勉強に成る。
ググって調べたけど、流石に今とは状況違うみたい。


嘆きのピエタ:ル・アーヴの靴磨き:アクト・オブ・キリング:ぼんとリンちゃん:
まどかマギカ映画前後編(TVとほぼ同じ)+「新篇」叛逆の物語:あの花」:
仮面ライダー鎧武(ガイム):ラブライブ劇場版:ディフェンドー :
+

嘆きのピエタ:

この手の韓国映画は、苦手なので、避けていたが、借りて観た。
この映画でハッキリしたのは、グロくても、食うために殺す」場合は大丈夫だということ。
だから、ゾンビは、大丈夫っだったのか。なので、最後まで普通に観れた。
前借りた韓国映画(タイトル忘れた)は心臓痛く成って、三回に分けた。

この映画の世界観に、ついて行けなかった。
まず、警察が出て来ない。
法律が無かったら、お前を殺してる」と言うシーンが、鮮明に記憶に残ってる。なぜか、
この世界観に法律の匂いが全くしない。
ここに出て来る、登場人物は、被害者でも、加害者でもない。

返すあても無いのに、金を借り、返せないから乱暴される、そして「そいつ」を恨む。
ネタバレすれば、この映画は復習の話。

全ての登場人物が、今さえ良ければ」、自分(子供)は悪く無い」と行動してる。
その、徹底ぶりが凄い。

保険金をもらうために、障害者に成り、それを苦に自殺する人が多いけど、
その流れが分からない。障害持ったら、自殺しかないのか?どんな社会だ。
大量にある、工作機械、鉄くずの山、売ればいいじゃん。
工作機械は、特殊だから、売りにくいとは思うけど。

キリスト教の看板がよく出て来る。
タイトル「ピエタ」だし。
自分本位に生き」行き詰まったら「自殺」。
自殺に救いを求めている。

たしかに、先の読めない展開は面白かった。が、
十分楽しめなかったのは、
中学時、親が連帯保証人で、家をとられ、その後、我が身に起こったコトがあるので、
返すあても無いのに、金を借りるヤツ」にまったく同情しない。

以外にも、未だにこれを、強く引きずってる事が分かった。
そのために、この映画の見所が「そこ」だと言う事に気づかなかった。

特典の中に、監督のインタビューで「動物のようだ」という下りがある。
腑に落ちた。なるほど。

異常なまでの母子間の愛。
これも、距離感ある。


アキ・カウリスマキのル・アーヴの靴磨き:

良い映画。小津安二郎に似てる。
役者、音、色の使い方。
特に赤色。同じ赤。
カウリスマキの赤は画面を動き回り、
見る人の目線を誘導する。


アクト・オブ・キリング:

40年前のインドネシア、共産主義者を虐殺した現在は英雄の主人公。
共産主義者撲滅の映画を製作。
それを外側からドキメンタリー。主人公は共産主義者を演じ、何度も殺される。その映像を孫に見せる、その時の複雑な表情。こんな映画初めてだし、映画の可能性を観た。
ビルの屋上で、殺し方説明してて、ご機嫌でダンス。
終盤、その場所で、吐きまくる。そして、あのラスト映像。この事件に日本も関係してる。


ぼんとリンちゃん:

オタク男女が東京の友達を助けに行く話。
始まって数分、そのテンションと、言葉の選びかたに、ついて行けなくて、
ついに、こんな日が、と思ったが、途中で成れた。
BL女子の主人公が現実に翻弄されるが、自問自答の末「どんなモノにもアナルがある」に帰結。面白い。


まどかマギカ映画前後編(TVとほぼ同じ)+「新篇」叛逆の物語:

神(キリスト的)に成って消えた友達(TV)を、悪魔に成って取り戻す(新篇)物語。凄。
魔女登場のシーンの映像は毎回、ホントに怖い。
あんな世界観に閉じ込められたら、走りたく成る。


あの花」:
メンマ(主役)のキャラ良い。ナデシコのルリ以来の衝撃。
先に映画観てしまった。しくじった。
それは、それで、泣けたけど。
しんちゃんのおとな帝国も、そうだけど、
子供時代のノスタルジーは強烈。


仮面ライダー鎧武(ガイム):

面白かったので、一気に観た。平成ライダーは「アギト」から入ったので、
アギトが一番好きだったのだが、鎧武(ガイム)面白い。
抜いたかも、しかし、これは、シリーズほぼ観てるからかな。
キバと響鬼は観てないけど、どれも面白かった。
後で知ったけど、この脚本の人は「まどかマギカ」の人。

流石に最初は違和感しか無かった。
何しろ、変身要素が「フルーツ」。
10歩下がっても、動物でしょ。
空から、フルーツが落ちて来て頭に重なる。
その絵が、もう、もう、って感じっだったのだが、慣れて来ると、
腹抱えて笑ったりできる。

で、それが、鎧兜に成る!ビックリです。
主人公が中盤、カチドキアームズに成るんだけど、こいつ武器持ってない。
どうすんの?って思ってたら、背中に刺さってる旗を引き抜いて、振り回す。
面白い。
最終変形、極アームズ。全てのフルーツの力が集まる。
この時の効果音の始まりが「フルーツバスケット!、、、」。
腹抱えて笑った。
で、その鎧の胸にフルーツバスケットの絵が描かれてるんだけど、
その絵が、凄く良い。

掛け合わせの発想が、いちいち面白い。
で、この、フルーツにも意味がある。終盤分かるのだが、あるモノを探している。
それは、世界を変えられる力があるが、一つしか無い。
取り合いに成る、戦国、で、鎧。
何を取り合ってるのか、知恵の実「リンゴ」です。
アダムのバトルロワイヤル、なのでラブコメも入って来る。

感心したのが、子供対大人の関係。
序盤、大人の作ったベルトで、子供達が戦って遊んでる。
それで、データとってるんです。
これ、東宝、バンダイと子供達の構図そのまま。
で、子供たちが気づきます。大人にモルモットにされてると。

で、子供達は大人の世界をのぞく。
そしたら、そっちは、そっちで、正しい事してる。
悪意の無い悪と戦ってる。

子供と大人をこれほど対立(対比)したシリーズ無かったはず。
ライダー内にも、ある。
大人が、どう子供達を導いて行くか。
主人公は、かってに大人に成るんだけど。
イヤ違う。このシリーズの主人公は絶対にぶれない。

あと、怪獣がほとんど出て来ない。
さらに、最初に倒したモンスターが実は友人だったとか。
その代わり、ライダーめちゃくちゃ出て来る。

wikiによると
仮面ライダーの成立要素は3つ。
同族同士の争い、親殺し、自己否定。

なので、あの二択を迫られる終わり方も、しょうがない。
普通に考えたら、他にも道はあるのだが、
彼は、ライダーだから。

発想が、絵(画面だから)になり、それで笑えるって凄いことだ。
勉強に成った。


良く分からんけど、終盤、キカイダーとハカイダーが、いきなり出て来る。
映画と関係してるのかな?


ラブライブ劇場版:

面白い、面白く無いと言うレベルではなく、理解できなかった。

1)皆で海外にライブしに行くんだけど、大人が一人も出て来ない。
皆で、ライブする場所を探し、いきなりライブ。
その時、スタッフどころか、客も出て来ない!!

2)メンバーの一人が食堂で泣いてる。
みんなが、一人一人聞く、長いよ!で、答えが「白米食べたい」。
毎回リアクションに、ため(アクション)入れる。
これが、長い。

3)最後に、スクールアイドル皆で、一つの歌を歌う事に成る。
けど、扱いは、バックダンサー。
たしかに、皆で歌ってるけど、、、。

4)謎の女性の存在。これネットでも話題になってる。
さっき調べたけど、正体不明。
私が感じたのは、「未来の主人公」か、「幻覚」。
これ、どっちでも、ヤバいでしょう。
方やSF、方や心の病。

もしくは、全くの別人で、偶然が重なっただけの、ドジっ子キャラ。
でも、主人公の幼少時の思い出を知ってる。


さて、これからが問題。

1)この映画で、感動できる人が大勢いる、と言う事実。
2)謎の女性が、観た人に、どういう結果を招くか、分からないはずは無い。
なのに、なぜ、という問題。
だって、サンライズですよ。で、映像は凄くキレイで、凝ってる。

1)については、なんとなく分かる。
キャラ映画ってことだろう。
しかし、ここまで来ると、ついて行けない。
よっぽど好きなキャラがいないと。
あのキャラの、あのシーン観れた!みたいな。
ただ、これが、最前線のアニメ、なのかもしれない。
とも、思った。

2)これは、難しい。
SFと、とった場合、二次創作の前振り、とも考えられる。
しかし、強引すぎる。

幻覚となると、言葉が強いので、「夢(落ち)」としてみる。
実は主人公が、夢から覚めるみたいなシーンがある。
そこまでは、夢って考え方。
でも、そう成らない様に、あるアイテムが部屋にある。
しかし、この関連付けも、可能性の一つでしかない。

ネットで一番多いのが、未来の主人公説。
これ、SFになるんだけど、以外と受け入れてる感ある。
今っぽい。
だとすると、なぜ、「10年後」とかではなくて、SFにしたのか。

ラブライブは、時間、メンバーに縛りがある。
どうやって終わらせるか。
しかし、制作者とて、お金に成るなら続けたい。

終わらせるけど、続けたい。
この不可能に、挑んだ作品ではある。


犬も歩けば棒に当たる。
この諺は、真逆の意味が存在する。

音がする。
振り向くと、犬、棒、人がいる。
その時、人はこのモノ達をどう関連付けするだろう。
三つとも、全く関係ないのに、同時に目に入ったから、
関係がある様にとらえてしまう。
たぶん、自分が納得しやすい形で、理解する。

ここに、ラノベ要素を入れる。
例えば、犬、棒、人の心が入れ替わった後っだた。
犬には棒の、人には犬の、棒には人の。
散歩の途中で何かあった。

想像が流れ出すと低い方へ流れる。
この映画の制作者は、鑑賞者をどこに流そうとしてるのか。
私は、どこに流されたのか。


これは、「解散」をテーマにした、ミュージックビデオ。
なので、世界観や、登場人物を掘り下げても意味が無い。
のかもしれない。

と、終わる。





ディフェンドー 闇の仕事人(2010:日本未公開):

これはいい。
ネタばれあり。
キック・アス系なのだが、爽快感が無い。
ウディ・ハレルソン演じる、発達障害の男が主人公。
武器が、ビー玉と(瓶につめた)蜂!
はっきり言って、こけ脅しにも成らない。
マッドマックスよろしく、トレラーで突っ込む、
車のサイドの扉が開く、すると、
大量のビー玉が、ジャラジャラ、、、。
そりゃ、負けるよ。
少し、話を変えるが、
2009年にウォッチメンが、
2010年に、ディフェンドー、スパー!、キック・アスが映画に成っている。
ディフェンドーとスパー!は、微妙に似ている。
愛する女性を守るために、麻薬組織と戦う。
スパー!は「お前、人殺したいだけだろ!」な、女性が仲間に成ります。
しかし、ディフェンドーの主人公は、仲間いません、で、死にます!
死にます。
嘘でしょ!って感じです。
普通、防弾チョッキ着てましたって、成るでしょ!
成らない。
そして、最後の最後に、蜂が一匹画面に飛んで来て終わります。
泣き。



ここにきて、
ビー玉と蜂の意味が、、、、。
まあ、この主人公にかかったら、数があっても、あまり変らないんだが。




警備からの卒業(3/14)、なぜならば、、、、



警備からの卒業(3/14)、なぜならば、、、、

4/19から、個展が始まるからだ。
10月だったのが、急に早まった。
作品は、あったので問題ない。
警備員に成る前に、描き溜めた。
半分は、これでいく。
半分は、辞めてから制作。

もう、1年以上も、作品を完成させてない。
二つの事を、同時にできる人ではないので、こう成ってしまった。

10ヶ月くらい、鉛筆も握ってない。
さあ、この経験が、どうでるか、、、。
で、まず、彫刻の原型作って、その間に、
木枠とキャンバス頼んで、、、。

今できる事は、
作品に成りそうなモノは、保留。
他は、はがして廃棄。
制作から、1年経過してるから、
ためらう事無く、選択できる。


14階建てのエレベーターを完成させるのに、一ヶ月かかるらしい!
初日、4tトラック三台来た、全部が工具。
エレベーター屋さんは、数が異常に少ないらしい。
なので、現場で完成が遅れる場合、だいたい、エレベーター待ちらしい。


もうすぐ、この仕事も、1年に成るのか、、、。
3/12から、警備の仕事してるからな。


警備で吹雪体験、もう、思い残す事は無い。
想像を超えた、苦痛だった。

午後に、雨に変ったのだが、まるで、春に成ったろうな、
気持ちに成った。

そして、この日は、生コン。
3台目で、中止。
コンクリは、凍るとNGみたい。


雪を体験してしまうと、雨なんて、余裕だ。


神様、
冬に、三日連続で雨振らすの止めてください。
もちろん、風邪ひいた。


警備の研修で、
作業の手伝いを絶対しないでください。
何かあっても、保険が出ません、自己責任、自己負担です。
と、繰り返して言ってた。

+

18メートルのゲート。
風で、ゲートが倒れるたびに、補強していく。
今現在、一人でゲート閉めると、40分かかる。

突風が吹いたら、終わり。
事故が無いのは、運がいいだけ。

ゲートは以外に重く、倒れたら、一人で復旧は無理。
道路に、吹っ飛ばされた事もある。

本当に、現場は、いつ事故が起こってもおかしく無い。
不意に、やって来る。
運が悪ければ、気づく前に死んでる。

工事現場の、ゲート(入口)は、注意しよう。
できれば、避けよう。


なんで、二回しか、使ってない靴下に穴があくんだよ!
靴は一ヶ月。


現場に泥棒が入った(始めてではない)。
一回目は、近所の三現場、軒並み、やられたらしい。

作業員のひと曰く、泥棒の入らない現場は無い。

ということは、
現場の近くに、住んでる人は、施錠をしっかりした方が良い。
何しろ、現場には、必ず泥棒が、来るのだから。


鑑定士と顔のない依頼人を観た。

美術品とか、聞こえは、カッコいいけど、
完全に童貞を、こじらせた、二次元オタク老人の話だ。
面白かった。3回観た。

ネタバレあり。
なるべく確信に触れない様には、したつもり。
ではあるが、、、、、、、。


最後の展開で、ポカーン。
ネットで、チェックしたら、「あれは、無い!」
主人公への、仕打ちが、ひどすぎる。

早速、二回目を観る。

よくよく考えたら、主人公も、似た様な事してた。
劇中に呪文の様に繰り返されるセリフ、
贋作の中にも真実がある。」だったかな?
この言葉が、最後の希望。

原題が、
THE BEST OFFER
OFFERの意味には、
申し出る、提供する、身を捧げる、提示する、売り出す、求婚

印象に残るのは、誕生日のケーキ。
オートマタの存在。
ネットで、調べても、その、記述が出てこない。
最後の展開が衝撃的すぎて、こっちまで、気が回らないのだろう。


最後のシーン(衝撃の展開の後)、
主人公(彼)が、ゼンマイが大量に稼働しているカフェに、一人で入る。
彼は、手袋をしていない。
一人ですか?」と、聞かれ、
少し間を置いて、連れが来ます。」と、言う。
聞かれるまで、どうして、ここに来たのか、分かってないようだった。

映像が、下がって行く。
彼は、小さく成って、実際のゼンマイと、大勢の人々にまぎれる。
まさに、部品の一部に成った様に。
主人公の上にある、時計は止まっている。
彼の前の席は、今、空席だが、そこに、待ち人が来たとき、
物語が語りだす(のだろう)。
この辺が、オートマタと関係してるのは、間違いない。

そして、それは、鑑定士として、嘘の中の真実を確かめるため。
伏線から考えて、来そうではある。
ハッピーエンドを願う者として、、。


才能が無いと、言い続けた作家の作品だけを持って行く。
あれだけ、何の価値もない、と言っていた、作品なのに、
とても大切な作品に成っていく。

その作品だけに成る時、まあ、映画では、ああいう風だけど、
ああ言う時、頻繁にあるよ。作品より、愛する人を選ぶよ的な事を、言ってたら、
妻が、それは、作品への冒涜だ!とか、言い出して、
おまえは、その選択を、頻繁に俺に問うのに、どういう事だ!って喧嘩に成った。
まあ、気持ちは、分かります。


最近、ゾンビ映画を観すぎて、
寝汗が凄い。

今日はこんな夢だった。
ラーメンを食べようと、野外の自販機で、
食券を買おうとしたら、手に持っていた、
袋一杯の小銭をまき散らし、
雨の中、皆に、小銭を拾ってもらう、という、
とんでもなく恥ずかしい状況の中、
目覚めた。
汗びっしょりだった。


ナルトが、今週号のジャンプで終了した。
今週号は、2話(699、700話)ある。
いつまで、続けるか分からないが、
ジャンプをネットで購入(ダウンロード)している。
900円/月。こっちだと、ナルトのカラー版があって、
アメコミの色と比較できる。
で、本題。
696話で、分身をしたナルトにサスケがこう言った。
「それは孤独を紛らわせるための術だ」
凄い。
これそのまま、作者に跳ね返る。
何しろ、主人公の必殺技だから。

作者が、それに、いつ気づいたのか分からないが、
それが、分かった時、この物語が、幸せな終わりを迎えることは、
決まったんだと思う。
なぜなら、作者は、とんでもなく成功したからね。

20141110


+ 

巡回警備成るものが、始まった。行列のできるパン屋のパンを、貰ったので食べた。



巡回警備成るものが、始まった。
建設中のマンションの11Fから2Fをくまなくチェック。
40分かかる。
11Fは、コンクリート流して、数日しか経ってない。
解体屋さんも、まだ、入ってない。
2Fは完成している、ので、階を下がるにつれ、
部屋が出来上がって行く。

リアルパラパラマンガ。


次の休みは1/11。で。
18は研修なので、来月は2日しか休みない。
萎える。

これだけ、働いても、
この間、マイアミで売れた作品(一枚)の手取りより少ない。
色々考える。

来年の10月の個展。
マジで、頑張らないとな。


上の階に行くほど、コンクリートの量が減るんだな。
ナマコン車の数が少なくなって来た、3台とかだけど。
7台で、1時間違う。
前回、生コン47台。


あああ、無性に鉛筆で絵が描きたい。
思えば、半年、一枚も描いてない。
鉛筆も握ってない。
しばらく、このままにして、圧縮させよう。


現在、作業員の方が、常時30人くらいいる。
大工、鉄筋、設備、内装(ここに、10社くらい)、外装、
解体屋、荷揚げ屋(こんな仕事あるんだ)。


ガス管の工事を目の前でやってた。
警備員が、作業していた。
トラックの運転も、、!?。
ありなのか?
前にも書いたが、作業員の日給は、警備員の2、3倍。

経費削減にはもってこいだが、
何か起こった時の責任は、たぶん自己責任だろう。

後で、聞いたことだが、
ガス、水道の専属警備員は、そう言うのが多いらしい。
逆に言えば、誘導ができないらしい。
思い出し観れば、
警備員の一人は、ボロボロの制服着てた。
で、その人は、ほとんど警備してなくて、
作業を手伝ってたな。

始めて警備した場所が、これだったら、
これが普通だと思うよな。

同じ警備員として、
本当に、つらかったけど、
それで、早く帰れるなら、まあ、いいか、とか、
思ってるんだろうな。

たしかに、私も作業員に、「暇だろ、アレやっといて!」とか、
気軽に言われるけど、現場内の作業は警備員は、原則してはいけない。
し、そもそも、日給が違う!
暇なのは、暇なりの給料。
なので、最近は、「監督に言ってください、聞いてください」が、
口癖に成ってる。


そういえば、作業員さんたちが、
そばに来て、「暇でいいなぁ~、立ってるだけだもんな~」(結構言われる。)って、
言ってくるんだけど、
そうなんですよ、良いでしょう!」って言い返すと、
そう言われると、何も言えないって帰って行く。
ムカつくな、その返事!って笑って言われたこともある。

大抵の警備員は、立ってるだけじゃないんですよ~などなど、言うらしい。
そんなこと言ったら、面倒くさく成るのが、分かってるしね。
皆も、立ってる、だけじゃないのは、分かってる。
ちょっかい出してるだけ。



ほぼ毎日野外で警備の仕事してると、分かることがある。穏やかな日なんて、ほとんどない。暑い寒い雨風。何かある。雨風がしのげる場所最高。


前に、夏の警備はキツいよ!って聞いてたが、冬の方がキツいな。
前は、冬は、着ちゃえば、いいじゃん!夏は裸でも暑い。って思ってたけど、
それは、雨風をしのげる室内に居たからだ、と、今は思う。
まだ、12月か、、、。

まあ、夏もキツかったんだけど、
ペットボトルに水入れといて、1時間ごとに、水を背中に流し込んでた。
日陰を探しては、そこにいる。

現在、建物の階数が上がったので、
日照時間が2時半~3時半の1時間。
寒すぎる。

耳あて、すると、全然違う。ってことが分かった。


行列のできるパン屋のパンを、貰ったので食べた。
パンって、こんなに美味しいいんだ!って思った。
カレーパンと照り焼きパン。

大げさに言えば、
パンに、物語があった。

例えば、テリヤキパン、まず、素のパンが美味かった。
噛めば噛むほど、噛みたくなる。

次に、食べてたら、アクセント。
キザミキャベツのマヨネーズあえ(?)
この手間は、普通のパン屋のパンには無い。
無くても、十分美味い。

しかし、この手間こそ、飛躍的に、モノを美味くする。
素のパンもそう、。
一つ一つに、手間がかかっていて、さらに、
一つに成った時に、ちゃんと、バランスがとれてる。

食い物で、こんな気持ちに成ったのは、始めてだ。
年のせいか?
いや違う。

特別な何かは、五感を押し開くんだ。

鑑賞者の五感を開く鍵を、いや、
強制的に、解放させてしまう。

調べたら、仕事場からの帰り道に、
食べログで、3位のパン屋があったので、
よって、買って食った。

美味い。が、あのパンと比較すると、
詰めが、甘い。
手間が、もう一つかかってない。
アクセント?味の対比が無くて、単調。

なんか、絵画も、一緒なのかもなぁ。
勉強に成る。

わざわざ、遠くに食べに行く人の気が知れなかったけど、
こういう感動を、味わったら、関係ないな。

食い物で、感動したのは始めてかも知れない。
それも、200円前後で。





MOEBIUS の ARZACH と ARZAK: Ms.Marvel: マンガとアメコミの違い: など、



MOEBIUS の ARZACH と ARZAK:
Ms.Marvel
マンガとアメコミの違い:
など、


MOEBIUS の ARZACH と ARZAK



ARZACHと、間違えて、ARZAKを購入。
Amazonで、3393円で購入したのだが、値段って結構、変るんだな。
ARZACHの赤い猿の絵が無いので、何だこれ!

文字(ドイツ語)だらけじゃないか!
ほとんど、文字が無いって聞いてたのに!
やられた!と思ったが、こっちこは、こっちで、凄い世界観だ。
古代、未来、宇宙、大地、多様な文化が、違和感無く存在している。
ゾクゾクする。


で、調べた。
別モノなのか!

>
wiki アルザック全文:
アルザック(Arzach)はフランスの漫画家メビウスことジャン・ジローにより執筆された、4話から構成されるセリフの無いバンド・デシネ漫画)である。アルザックはフランスのSFおよびファンタジー漫画雑誌メタル・ユルランの第2号(1975年月)から第5号(1976年1月)において連載された。この漫画では、翼竜の様な生物に跨って荒廃した奇怪な土地を飛び回る寡黙な戦士アルザックの活躍が描かれる。アルザックを取り巻く光景や状況はしばしば夢や潜在意識を連想させる。この作品はフランスのコミック業界に多大な影響を与え、今もなおアルザックはメビウスが作り上げた中で最も有名なキャラクターとなっている。
1987年に、メビウスはThe Legend of Arzachと題した作品においてアルザックを再登場させた。この続編にはセリフが含まれており、『アルザック』とメビウスの別短編La Deviationとの関連を示す後付け設定が施されていた。
2000年代に新シリーズの『Arzak』三部作の執筆が始まり、2010年に第1巻を刊行したが、メビウスは2012年5月に逝去。未完となった。
>

改めて、ARZACHを購入しようとしたら、
クレジットカード(持ってない)だったり、
1万円以上だったりして、購入を断念、無念。
で、改めて、何度も観てみたら、ありました!
コンビニ支払いok!
しかも、1957円で!!

到着まで3週間かかったけど、
待ちに待ったモノが届いた瞬間が味わえる。

これは、本当に良いモノだ!

イームズのイスに匹敵する。
エターナルコレクションNo.2認定。


蛇足かもしれませんが、
始めて、メビウスを観た人は、ナウシカや、大友克洋に影響受け過ぎじゃないか!
と、思う人も、いるかもしれません、が、逆です。
また、メビウスは娘にナウシカと名付けた。

より詳しくメビウスを知りたい人は、下記のブログへ、行ってみて。




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


新「ミズ・マーベル」は、なぜ変身できるイスラム教徒の女子高生なのか?:http://wired.jp/2014/01/20/ms-marvel-muslim-superheroine/
上記の記事を見て、気になったので、Marvelのアプリhttps://itunes.apple.com/jp/app/marvel-comics/id350027738?mt=8
ロードし、Ms.Marvelを購入していたが、ついに、一巻がでた。



Amazon
で購入。これをきっかけに、Amazon覚えたのが、ヤバいなこれ。
それはともかく、秋葉に行って、アメコミ屋さんに、行く様になって、
色々な、アメコミ観てみた結果、アメコミにはまった、と言うよりは、
この絵が、好きなんだ!と分かった。
後、Marvelのアプリの中に、無料のマンガ(おためし。ミズ・マーベルもある。)
あるので、ぜひ。
なんというか、エンターテーメントしてます。
>
驚いたのが、6、7話で、ART(絵)が変った!コトだ。
で、ウルヴァリンと、タッグ組んでるし。
8話では、元に戻った。

問題は、こういうコトが、どうして可能なのか。
なぜ、問題に成らないのか。
いったい何が、重要なのか。
と、いった問題は、自分なりに、考えた方がいいだろう、
きっと、絵画と絡んでいるに違いない。

+


マンガとアメコミの違いとは? -MarvelのSVPに話を聞いた:

マンガを読んでアメコミを読まない12の理由」:

竹熊健太郎先生の「どうして漫画が日本でこれほど発展してしまったのか」:


10/11 サタデーナイトラボ「アメコミ特集」:


基礎から始めるアメコミ講座【2】インカー inker,レタラー letterer:


「BD」とはフランス語で「マンガ」を意味する「Bande Dessinée(バンド・デシネ)」を略した言葉で「ベーデー」または「ベデ」と読むベデ:



2014-09-07

たまっていたメモ201409



たまってた、メモ。
前半は、梅雨に入ってるので、ウツぎみ。
夏は、働いて飯食って寝てた。
あんなに、ポカリ飲むとは、思わなかった。

では、
では、



作業員の人、喫煙率100%。


一ヶ月で、靴に穴が開いた。


基礎工事、凄い。
絵画でも、何でも、ベースって大事なんだな。


優柔不断でも、一人で仕事してれば、誰にも迷惑はかからない。
だが、今の現場は、優柔不断な行為で、多くの人に迷惑をかける。
反省(対応を考えて)して、すぐ忘れよう。
落ち込んでても、意味は無い。
とはいえ、引きずる。が、、


後、心配していた、絵は制作できるのか!?
に関しては、以外にできた。
流石に、一ヶ月は、何も手に付かなかったが、
体が仕事に慣れて来てからは、
時間があるときはできる。


習慣で、日曜日もそれぐらいに、起きるのだが、
6時から、3時間描いても、まだ、9時!って。
早起きって、素晴らしい!

20時から、22時まで、制作する事もある。
以外にも、苦にならない。

お金を、別に稼いでいるから、
純粋に、楽しめる様になって来た。
これに関しては、
良いのか?、悪いのか?分からない。


地獄の根伐り(10日間)が終わった。
とび登場!
今回のターン(鉄筋組立)は、すごく暇。
だが、きっちり、5時まである。
やる事無い。
そして、暖かく成って来て、
3時間も立ってると、気持ち悪く成って来る。
だが、急に、備品搬入車が入って来るから、気は抜けない。


ちゃんと、仕事すれば、お金が入ってくる。
というのは、素敵なシステムだ。
とはいえ、頼りすぎると、上に逆らえなく成る。


去年の。わら半紙の作品を、観ていた。
(自画自賛だが、)面白い。
今の環境だと、これは、描けない。と、気づいた。
もの凄く暇じゃないと、描けない絵。
でも、その絵は、お金に成らない。
困ったものだ。
耐久性も無いしぃ。

キャンバスで、そのレベルに行くには、
まだ、圧倒的に、枚数が少ないのかもしれない。

どうしても、こんなに上手に描ける様になったよ。
って、作品に成ってしまって、面白く無い。
面白い作品を、作らないと。

20140511


警備員の仕事で、三ヶ月経つ。
飽きて来た。

何のために生きてるのか、分からなくなって来る。
仕事中に、何度も、吐きそうになる。

週6日働いて、月収20万弱で、税金とか、色々抜いて、何も残らず、
誰とも、会話も無く、日々が過ぎて行く。

週三日働いて、年収100万で、それなりに楽しかった生活。
週末は、いろんな人と、会話できた。

仲間と、ワイワイして、絵を描いて、それ展示して、それを観てくれて、
そんな日常が、小さくても、あれば、それはそれで、幸せなのかもしれない。

雨の中、ずっと仕事(立ってる)してると、くだらない事を考えてしまう。

20140626

何のために生きてるかわからない」コトに意味があるのかもしれない。し、
今年は、そうやって生きる」っていう目標を持てば、いいだけか、、、。
そうしよう。

20140630



職人さんが言うには、7月が一番キツいらしい。
たしかに、キツい。

10時、12時。3時、5時(終了)の時に、必ずポカリ飲んでる。
職人さんたちは、二本飲んだり、2リットル飲んでる。
この時期、とにかく、無理はいけない。



凄いものを観た。ATARU のDVDを嫁と観たのだが、ふたりで、これは凄い!よく、テレビでこれが放送できたね!もう一回観よう!そして、衝撃の真実が!!。もう一回観てたら、30分で、終わった。あれ!?どうも、DVDとデッキの相性が悪くて、1話と2話のランダム再生に成っていたらしい。そんな機能は、無いし、なにより、タイマーが普通に進んでいた。
すこしオカシイとは、思ったよ、斬新すぎるし、しかし、ハルヒとか銀魂(両方アニメ)観てるから、そういう演出だと思った。
チャプターの順番が違う、どころか、1話と2話が同時進行し3話の予告編も混じり合う始末。
2話の解決シーンとか、いくつかのチャプターが再生されてないもんだから、
嫁と二人で、2巻早く借りてこよう!みたいな話に成ってしまっていた。
改めて、考える。何があんなに面白かったのか。
なぜ、一つのドラマとして成立していたのか。
たぶん、この、ATARUというドラマが、点と点をつなぎ合わせて、事件を解決しているコト、過去の思い出や、事件が全体に反映されてたからかもしれない。チャプターごとに、小ネタを挟んで(日本で流行ってるヤツ、これ、なかなか廃れない。)飽きさせない。キャラも一役かっている。
さっきも、観てみたが、60分だった。30分再生されてない。
しかし、最初の衝撃は、無いな。
ともかく、久しぶりに、凄い衝撃を映像から受けた。

+

フィッシュストーリー(100円で買ったヤツ)、久しぶりに観た。

次も売れないよ。
そうだな。
俺たちの曲は理解されない。
そして、何より厄介なのが、、、
厄介なのが?。
、、、俺たちは、自分たちの音楽が正しいと、信じている。
言えてるな。

このセリフは、毎回、泣けるなぁ。
伊坂幸太郎は売れてるわけだけど、、、。


昨日、熱中症で、途中で帰ったトビさんのことを、
頭領が聞いていた。
私が、帰った時には、もう寝ていて、
今日、仕事で出るときも、まだ、寝てたので、
よっぽど、疲れてるんだと思います。
(何人かで、一緒に寝起きしてるみたいだ。)
そこで、頭領が衝撃の一言!
ちゃんと、生きてるか、確認した!?
吹き出しそうになった時、、、
はい、寝返りを観たので、大丈夫です。
この人達は、これが日常なのか、、、。



キャンドゥ(100円ショップ)で、100円のディズニーDVDを発見。
一度も観たことが無かったので、白雪姫を購入。
衝撃を受けた。
どうせ、子供向けだろ?って思ってから。
面白かったし、絵も凄かった。流石、一作目。
白雪姫(1937)が、井戸の中に向かって歌うシーン、素晴らしい。
で、次の日、ピノキオ(1940)、ファンタジア(1940)、ダンボ(1941)、バンビ(1942)を購入。
ピノキオのクジラのシーンは、これ、劇場で観てたら、子供泣くよ。
凄い迫力。ダンボのピンクの像のシーンとか、山上る列車が、上りで、I think I can、って言いながら上って、下りで、I thought I could、ってうなり続ける所いい。第二次大戦前に、この作品か、これは、世界中が影響受ける。
で、次の日、
シンデレラ、不思議の国のアリス、ピーターパンを購入。
最初の作品は、絵が動いてる感が半端ない。もの凄い空気感。やっぱり、芸術を意識してるから、絵画感がある。年代が上がるにつれて、セル画感が増して行く。
まあ、とにかく、観たこと無かったら、白雪姫と、ピノキオはおすすめです。
マジか!!って、成る。
100円なので、吹き替えに問題あり!って報告がネットに上がってたけどね。


6~8月は、ほとんど、絵を描かなかった。
ヘトヘト、汗びっしょり、で帰って来て、風呂、飯で、睡眠。
でも、生コンの日があると、一週間は、疲れがとれない。
一日中、走り回ってるからな。
疲れのせいで、エアコン無いのに、毎晩、目をつぶると寝てる。
そんなこんなで、
今日は、久しぶりに絵を描いた。
雨だったので、用事も先延ばし。

20140907













2014-05-24

定点観測



定点観測

どうも、しばらく(長いと一年)、同じ場所で警備。
なので、毎日同じ通行人の顔を見る。

会社への出勤。
保育園に子供をあずけに行く。
通学。

土曜日の午後、
あの子の、お母さんは、あの人か!
あの男性は、あの女性と結婚してたのか!
ああ、この組み合わせで家族なんだ!
とか、
点が線に成り、家族を発見する。

雨の日以外は、毎日、自転車を全力でこぎ、通り過ぎながら、
午後の天気を教えてくれるおじさん。

老後の健康のために、一日に五回も散歩で、前を通り過ぎる老人。
五回は、一人しか、いないが、
2回は、結構いる。

夕方、いつも元気に挨拶する少年が、ずっと、うつむいていたり。
学校で、なにかあったかな。

現場の前の電線に、17羽のカラスが止まってて、
その時に、通りすがりの、おじさんが、これは、だれか死ぬかな?
って言ってたな。
燃えるゴミの日は、カラスが多いのだが、いつも6羽ぐらい。

確かに、この辺、老人多い。
この間も、道向こうで、いきなり倒れて、
大丈夫ですか?って聞いたら、大丈夫、大丈夫。
そう見えないから、みんな集まって来てたんだけど、
大丈夫の一点張り。
しばらく、座ってれば、歩ける!って言って聞かないから、
皆は、散ってゆく。

警備の目の前に、おじさんが、寝転んでる。
しばらく、してると、歩き出した。
失禁してるじゃん!

近寄って、再度聞くが、大丈夫!と、そこに、
たまたま、聴診器をもった女性が来たので、お願いする。
結局、その人も、追い返されたが、
アイコンタクト。
大丈夫そうだ。

そんな感じのが、二度(二人)あった。
しばらくしたら、二人とも、杖をついて歩いてた。
そして、カラスの一件があった日から、
一人を観ない。
入院したかな。
燃えるゴミの日なのに、最近カラスが、少ない。

散歩で、クレーンに、異常反応する犬。
昼食の帰りに、必ず、現場の状況を観て行くおじさん、
定年前は、建築関係の仕事だったらしい。

今、思い出せるのは、そんなとこ。

流れの中で、観えるもの。
止まってないと、観えないもの。

世の中は、少子化と問題になっているが、ここは違う。
妊婦だらけだ。
子供も多い。
外国人も多いし、人種も多様。

そんな、家族観てると、
俺、終わってるな。って、思ってしまう。

長いスパンで、観るからそう成るのだけれど。
短いスパンなら、その時その時は、始まりでしかない。

例えば、写真。
シャッタースピードで、重要なのは、光の量。
まあ、光が無いから、長期露光的な活動してきたわけだけど。
光の量が大きければ、その時その時を楽しめる。

で、光の量って、どうやって増やすの?


さて、久しぶりに、早く仕事が終わった。
絵でも各都市用。





2014-04-06

一人警備編:生コン34台がやって来る



少しずつ、風景を機能抜きの色だけで見れる様に成って来た。

現場は、ころころ変るから、風景が新鮮。


今日から、一人警備。
門番に成った。
初日から、3時間の間に、生コン34台来た。
建築物の杭を作っている。
40メートルの穴をコンクリートで埋める。
三叉路を右往左往。
はじめは当然怒鳴られる。
こんなもん、一人で、できるわけ無いじゃん!
生コン入ったら、片側見えないんだからさ!
とは、いえ、
慣れれば、何とかなる。
ポジション、無駄な動きを無くす。
そんな時、
入り口に、車止める人がいて、
「すいません、ここ、生コンが反転するんで、、、」
無視された。
この人は確実に知っている。
私たちに、そんな権限がないことを、、、、。

ゾーンに入りそうな勢いだったのに、
このイレギュラーで、バランスをくずす。
持ち直すのに、時間がかかった。

しばらく、この現場だそうだ。

20140325


穴掘りの日。
ダンプ14台。

作業員の方に、
有馬さん、こっち側に来たら?
警備員安いでしょ?って言われた。
作業員の日給は警備の倍でした!!
マジでか!!
とは言え、

私には、持病の側弯症がある。
重いの無理。
建築現場の作業は、ホント危険だし、、。

その前に、警備員で、ヘトヘト。
体を作らないと。

20140326


今日は生コンの日だった。
34台。
後ろの作業を把握して、車誘導しろ!とか、むちゃくちゃ。
生コンの運転手が、話しかけて来て、
「これ一人は、キツいだろ!」って言って来て、
一回手伝ってくれた。
やっぱりか!
前任者が、作業員の人が手伝ってくれるって、言ってたけど、誰も来ない。
前回より、人数少ないし。

第三の目を使う時が来た!

しばらくすると、何となくできる。
空気感とか、まあ、聞く。
前方は視覚、後方は聴覚。
というか、雰囲気。


しかしこれ、
あと、三ターンもあるのか、、、。

20140327


仕事に、緩急が、ありすぎる。
1時間くらい、立ってるだけの時があって、
ぼぅ、と、してしまう。
クラクション!、後ろにトラック。

こういう所を、上司に見られると、
何しに、ここにいるか、分からないな!と叱られそう。

実際、そう言う警備員が多いのだろう。
タチンボと、ネットで揶揄されている。
または、2号」と呼ばれてる。
ちなみに、
1号警備:施設、2号:雑踏(交通)、3号:輸送、4号:身辺、5号:機械。



時間あいたら、入り口の掃除しといて。と、言われる。
助かった。

ただ、立ってるのは、本当に疲れる。

20140328

+

杭打ちの山場来た。
土曜の生コン34台。

副所長に、ここに立って、あんまり、動かずにやってみて!と言われる。
マジですか!
やってみたら、できた。
マジですか!
様は、ドライバーを信じる。
嫌な言い方をすれば、
何かあったら、車側の前方不注意だから。
まあ、一人は、これがベストかもな。

1~10までやってたけど、
6~10は車側でやってもらう。
たしかに、そのおかげで、歩行者の安全度が、上がる。
と、はいえ、
左右の車、人、自転車の流れと、
背後の作業の把握は、結局しなくてはいけない。
これ、流れに乗ると、ドーパミンでるのか、楽しい。
終わった後、足首が腫れてたけど。


バイクと中年の女性ドライバー、マジで怖い。
バイク(自転車もかな)は、少しの隙間があると、
そこに、希望の光が見えるのか、突っ込んで来る。
身に覚えが、あるので、自分も気をつけよう。

中年の女性ドライバーは、前方(30メートル先)あまり見てない気がする。
男性ドライバーは、ものすごく不機嫌に、成る人がいるけど、止まってくれる。

工事現場のトラックは、バック誘導が多いので、
トラックの後ろに成ったら、警備員もしくは作業員が、
指示を出すまで、止まってた方が、無難です。

トレーラーとか、ホントに長いから、誘導する時怖い。
トラックの後ろに、バイクが走ってると、ドキドキする。

まあ、前にも書いたけど、
警備員には、強制する事は、できないし、
事故を起こしたとしても、車の前方不注意。

でも、事故になると、現場の作業が送れてしまうので、
それは、避けたい。
たぶん、仕事無くなるだろうなぁ。


すでに、日焼け。
メガネのせいで、スキーヤーの様な焼け方。


伝票を提出するため、支社に行く。
ホントに、一人で誘導してるの?と聞かれる。
?。警備員一人じゃん。
仕事の評判は、悪く無いようだ。
期待してるので、頑張ってください。」と、言われる。
複雑。

20140329


現場作業員(の上の人?)のおじさんと、立ち話し、
外国人労働者の話。
安易に受け入れるのも、どうかなぁ」と言っていた。
しかし、
福島の復興が本格的に始まれば、間違いなく、人は足りなくなる。」
とも、言っていた。


クレーンは、一億円らしい。


続き、
建築作業は、危険で、体力いりますねって話をしてたら、
でも、止めてゆくのは、みんな人間関係だって、
だから、そのリーダー的人は、そう言うのは、本当に見るのがいやだら、
色々やってるんだよね。って言ってた。
どこも、同じなんだなぁ。


今日は、ずっと雨だったけど、3時に終わった。

20140330


最後に、

シンプルに言ってしまえば、
一生懸命生きて、死ぬだけだ。
後は、些細なコト。

なので、変な心配とか、しなくて、いいですよ。
それなりに、楽しんでるし。
まあ、存在理由が必要なら、
生命には、多様性があるから、全てに意味があると思えば良いし。
常に、そこでしか、見えないモノもある。

難を言えば、
仕事し始めて、目のかすみに、気づいた。
これは、ツライ。


ワタリウムの半年住む展覧会で学んだ事だが、
世間のバイオリズムと、
自分のバイオリズムが、リンクしてると、とんでもない目に遭う。

世間のバイオリズムは、努力や根性で、どうにかなるモノではない。
自分のバイオリズムは、技術さえ身に付ければ、ある程度はコントロールできる。

20140331


神様が、お前には、才能が無いから、絵を描くのを止めなさい。と、言ったとする。
止めないだろう。

そう言う事では、無いからだ。
だから、そう言う事なのだ。

20140401